雪の城下町

2017011517440000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中、用があって鶴ヶ城の近くに出かけました。お堀に薄い氷が張って、面白い模様が生まれていました。


ここ4、5日の積雪であたり一面が雪景色に。いつも歩いている道がふと違う世界に見え、その白さにクラクラしてしまいます。


一昨日、灰色の空の下雪かたしをしていたら「くうぅ、くうぅ」と聞き慣れない鳥の声。仰ぎ見ると真っ白な十字が空を移動していくところ。「白鳥?」と思ったとたんに梨木香歩さんの小説「冬虫夏草」を思い出しました。


誉津別皇子(ホムツワケノミコ)が空を行く白い大きな鳥を見て驚いて、30年間ことばを持たなかったのだけど、「あれはなんだ」とことばを発した…という話。「冬虫夏草」の中でその話を南川が綿貫にする場面。

確かに「くうぅ」と鳴きながら一匹だけ悠々と空を行く姿は驚くかもしれないと思いました。猪苗代湖に行く途中なのかな…。

しかし江戸時代…城内に雪が積もったら、みんな総出で寄って集って雪かたししたのかなぁ〜冷たかっただろうなぁ〜なんて考えながら、お城を後にしました。


category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
原型づくり
2017011110210000.jpg
2017年が明けて11日が過ぎました。時折、雪がちらつくものの、ほぼ天気の良い日が続いています。

「猫の額」の個展のあと、年末年始にかけてブログも更新せずに何をしていたかというと、女の子の人形の原型づくりに熱中しておりました。

と言うのも、2017年6月10日〜7月16日喜多方市美術館での個展というありがたいお話をいただいたからです。


もうっ、がんばらネバダ。

category:"-" | comments(1) | trackbacks(0)
猫の額での個展もあと二日。

二週間経つのって早いですね・・・・。

連日は在廊することが出来なかったので、留守にしている間に訪ねてくださった皆様、

ありがとうございました。

 

 

また皆さまに人形を見ていただく機会もあると思います。

女の子の制作も始めています。

 

 

 

またね〜。

 

 

 

 


category:"-" | comments(1) | trackbacks(0)
変わり種猫ドール

ちょっと変わった猫ドールもいます。

 

レース埋め込み式です。

 

 

全身は25センチくらいです。

 

明日は早起きして東京に向かいます。

差し入れをご心配の皆さま、差し入れはいらないですよっ。

見に来てくださるだけで結構で〜す。

 

 

 

 

 

 


category:"人形" | comments(0) | trackbacks(0)
今回出品のビスク猫ドール(大)

今回は大きめのビスク猫ドールは2つ展示しています。

 

 

磁器の肌合いが美しくでます。たけゆみ工房さんに作っていただいたネコ目が映えて表情が豊かになりました。


category:"人形" | comments(0) | trackbacks(0)