高円寺「猫の額」での個展始まりました。

 

昨日(10/26)から始まった「猫の額」での展示に出品した人形です。

 

 

 

 

縮緬の着物って人形のボディにしっくり馴染むからカワイイわぁ。

柄も色も昔のものだから今にない風情を漂わせています。

 

初日、会場には短い時間の滞在だったのですが、多くの方が来てくださりました。

ありがとうございました。

 

 

 


category:"人形" | comments(0) | trackbacks(0)
高円寺「猫の額」にて小さな個展を開催します

明日、搬入があるので東京に向かいます。ギリギリまでポーズ猫たちを作っていました。

 

 

 

11月のSANCTUAIRE〜シルヴィ☆ロンロン25Hzで〜

 

開催は2018/10/26(金)〜11/7(水)。木曜定休。

猫雑貨&猫ギャラリー「猫の額」にて。

http://www6.speednet.ne.jp/~nekojarasi/

 

少女人形2体と猫人形1つ、ポーズ猫5体、会津木綿と猫絵の組み合わせグッズなど。

 

在廊日程は10月26日(13:00〜17:30)11月7日(15:30〜20:00)です。

 

他にもたくさんの猫グッズの作家さんたちの作品を楽しめるスペースもあります。

眩暈がするくらい多くの猫たちに囲まれます。夢のような空間です。

よろしくね。

 

 


category:"人形" | comments(0) | trackbacks(0)
暑い日が続いています
2018081516510001.jpg
会津で36℃超えだの37℃超えだのという気温は聞いたことがありませんでした。昔はね。


あまりに暑いので冷房設備のないアトリエから母屋に移って、布に猫絵を描いて小物を作ろう!と計画しています。


結構厚手の綿素材ですが、だんだん描き慣れてきましたよ。


昨日、喜多方市美術館の「矢口高雄原画展」を観に行きました。「釣りキチ三平」の原画を中心に迫力ある肉筆原稿がたくさん展示されています。


墨原稿はもちろんですが、カラー原稿の発色も二色刷原稿の色づかいも実に美しく見惚れてしまいました。巧いなぁ。プロだよなぁ。

自然豊かな描写を背景に人物がイキイキ動いている、こういう時代の漫画だと安心して読めるなぁ。


白土三平も好きだった。そうそう水島新司も好きでした。少女マンガは断然、萩尾望都が好きでしたわ。青池保子や大島弓子も好き。いまだに好き。


一緒に美術館に行った友人たちと最近、昔のマンガを読み返そうと思うと、単行本が字が小さくて読みづらいという話になり、ちょっと情けなくなりました(笑)

category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
不満足が実は原動力のもと
2018062309140000.jpg
先日の人形グループ展には多くの方に来ていただき、懐かしい再会もあって、楽しく充実した時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。


終了から今日まで何をしていたかと言うと、搬出の翌日からまた次の人形の制作に没頭しておりました。フツーなら数日は疲れを癒すためにボーッとしたり、読書したり自由を満喫態勢になるのですが、今回は1日も休もうという気分にならず、性急に次に向かっています。制作しながら疲れを取るという調整の仕方をしています。


なぜならば先日の人形に自分で満足できず、数々の課題が見つかり、納得いくものに仕上げることができなかったという猛省が湧いて、つき動かされているのです。


自分の作品に不満足なゆえに次に向かうという原動力がモリモリ湧いてくる。人間、満足したらそこで終わりなのねぇ。


ヘッドに型を抜いてから瞳の切り方を変えたり、口を開いて歯を見えるようにしたりとか、ある程度手を加えられるところはモデリングキャストという素材の利点かもね。


今回の人形はだいたい全部で石膏90キロちかく使って、ボディなどは一人では持ち上げられられないくらい重い型になったことも反省して、次こそ新たな人形は小さめにするのだ。


そして機能性と美しさを備え持つ球体関節ボディにする事も長年追いかけている夢・目標です。


理想がある限り、目標が見えている限り、まだまだ作り続けなければならないようです。


いつになったら満足できるのかなぁ。

category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
髪の毛を貼りました
2018052909290000.jpg
人毛貼りつけは存在感が出ます。特に私の人形に合わせて色や細さを調整して作っていただいていた故・森谷弥之助さんの毛は格別です。


しかしなぜ制作段階の途中で人形が自分史上最高傑作になるかも、なんて思ったのか不思議でなりませんです。できてみたらなんて事はない、フツーでした。

やはりいきなり傑作が完成するなんて神はお許しにならない、一歩ずつ少しずつの成長を重ねていかねばならないという事なのですね。

大真面目にチャクラ覚醒法に取り組んでも、イキナリ今生で覚醒したり悟りに至ったりしないのと同様に、少しずつ一歩ずつビミョーな変化を幾世も重ねて最終段階の完成にまで至るというプロセスのまだまだ途中なんですよ。


きっと次に目指すべきステージが用意されていることでしょう。創作活動を通して表現していく事が許されているならば。自分としては目の前のやるべき事に専心するだけです。現実が自分を成長させてくれるからです。


ただしやり方は反省と改善と調整が必要だなぁ。一日も休まず、何の楽しみもなく、ただひたすらすべての時間を制作にかけるだけではダメであった、と猛省します。この「取り組み方を変える事」が今生の課題なのに。それが一番大切にするべき事なのですヨ。評価や成績ではなく。


明日は作品の搬入と飾りつけのために東京に行きます。朝6時には家を出るので、4時半起きかなー。この季節は明るくなるのが早いからラクです。

ご来場をお待ちしていま〜す。

category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)