<< ん〜ん、やっぱり!可愛い!リカちゃん! | main | 2017年度の総括と2018 年の展望 >>
秋田ナマハゲ稲庭うどん
2017111815420001.jpg
秋田駅前には見送ってくれるナマハゲが…!


18日(土)から秋田県立美術館の「少女と人形の間」展が始まりました。秋田出身の画家加藤貞子氏が中心で、藤田嗣治氏の版画小品11点、四谷シモン氏の機械仕掛けの人形1点。私の人形8点の展示です。


私は17日に秋田入りしてディスプレイ、18日は学芸員のギャラリートークに顔を出し、ちょっとだけ話をしました。


秋田ではたくさんの良い出会いを経験しました。学芸員の方々、画家の加藤貞子先生、喜多方市美術館の学芸員の方も遠くから駆けつけてくれて、皆さんに感謝です。


駅前で食べた稲庭うどんのレッドカレーつけうどんは本格タイカレー味で美味しかった!


秋田に来る前日、子どもの頃から秋田に行く事があったら訪ねたい!と思っていた処があったのを思い出して18日の午前中、雨の中をタクシーで行って来ました。

湯沢台にある聖体奉仕会の修道院です。預言と涙を流す事で有名になったマリア様にお会いして、御前で祈りたかったのです。その願いが叶えられました。


木彫のマリア様は初め厳しい顔をされていました。「祈りなさい。もっと真剣に祈りなさい」という厳しいお顔。世界の平和、そしてこの世に神の国が実現されますようにという祈り。でもそのうちに優しい微笑みになりました。すべてを受け入れてくれるやさしい笑顔です。

本当の信心をもっている人には泣いてみせたりしないのよ、と言っているかのようでした。涙を流して見せるのもひとつの方便に違いありません。重要なのは信心を持つことです。


売店でマリア様のハガキを買って帰りました。買った時には気づきませんでしたが、涙の痕がハッキリ写真におさめられていました。やはり不思議です。奇蹟です。


喜多方市美術館から秋田県立美術館に繋がり、マリア様にたどり着きました。人生は面白い。ありがたい。ちゃんと導かれている。

category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









この記事のトラックバックURL
http://blog.suzuyosuzuki.com/trackback/1019147