<< 今日は画家を目指すのだ | main | 秋田ナマハゲ稲庭うどん >>
ん〜ん、やっぱり!可愛い!リカちゃん!
2017090215230000.jpg
待ちに待った福島県立会津女子高校・葵高校リカちゃんが今朝届きました。キャァ。


Wow、Cawaii!やはり普遍的な可愛らしさだよねぇ。どこからどう見てもかわい〜い!昔の漫画みたいな描き目もかわいいな!


さっそく昭和36年入学〜の制服に着替えさせちゃいました。うふふ、冬物のブレザーもついてる。私たちの時代の制服よ。


このリカちゃん、制服が三種類ついています。昭和11年〜のセーラー服(憧れだったわ)と、私たちの時代のと、現在の葵高校という男女共学になってから平成14年〜の制服の三種類。


子どもの頃、持っていたリカちゃんはずいぶん前に母に処分されてしまった。だから人生で二体目のリカちゃんだわ。ずいぶんスタイルが良くなってる。首の動きもスムーズになってる気がする。

そう言えば、わたるちゃんっていうボーイフレンドの人形も持ってたわ。リカちゃんの前にはタミーちゃんとかいうアメリカ人っぽいお姉さんの人形も持ってたな。

懐かしく思い出しました。

そうそう、女子校の私たちの時代、白い靴下は三つ折りじゃないといけなかったんだよ、リカちゃん。生徒会の集まりで白い靴下を伸ばして履いていいのか、三つ折りじゃないとダメかで話し合いになったんだよ。その時、美術部先輩の部長が出ていって「甲子園大会のプラカードを持つ女子も靴下を伸ばして履いているじゃないですか」みたいな意見を言って喝采を浴びてた。カッコ良かったな。確か、ワンポイントの柄のある白い靴下を伸ばして履いてよい、という事になった気がする。その後、ソックタッチでずり落ちないよう止めていた記憶があるからさ。


私の制服は母が作ったものでした。きっちり学校指定の寸法で。なぜか美術部の友人たちの中には足首あたりまでスカートを長くして履いてた奴らがいたな。カバンもペッタンコにして(笑)。私はそういう反抗に反発して、見た目はきっちり学校指定を守り、心で自由を求めていたよ。


授業中、ある先生が「お前たちは気がついていないだろうが、今、人生で一番輝いているキレイな時期なんだよ。大切にしろっ」って言ってたな。その時は何を言ってるんだか!じじい!って思ったけど、ホントに輝いて美しい時期だったなぁ。


友人たちの顔を次々に思い出しています。みんな元気でいるかな〜ぁ。

category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









この記事のトラックバックURL
http://blog.suzuyosuzuki.com/trackback/1019146