<< 休日の過ごし方 | main | 動物と祈りの一日 >>
それを進化と思おうじゃないか。
2017081414530000.jpg
去る14日、理学療法士と相談の上、歩行を安定させるために義肢装具士にシューズに合わせたインソールを作ってもらおうというので、そのための外来診察に行きました。


お盆も病院ってやっているのね〜ドクターも大変ね〜と思いながら、ああ自分もお盆もクリスマスも正月もゴールデンウィークも休みを取ったことなんかないわこの30数年、ずっと人形を作っていたわ、休んだのは骨折入院した2ヶ月だけよと思い返しました。


ホントの話よ、というわけで、入院前今年の3月2日まで作っていた人形の大幅な作り直しにかかっています。


最初から作ったほうが早いんじゃないの?というくらいのお直しだッ。グソー。


5か月前、自分がなぜこんな形で「よし」としたのか、まったく理解に苦しむ…関節部分も美しくないじゃないか…と、仕上げみがきまでしたものをまたカッターで削ったり、粘土をつけ足したりしてボコボコにしてしまいました。ああ…。これは後退ではない、進化よ。

この原型はもう1年越しだわ。ビスクドールにして200年以上残したいからいいものにしたいのよって気持ちがあるから、なかなかこれで完璧という次元まで行かない。

苦しいわ〜苦しむわ〜。案外、この七転八倒が好きなのかしらん、自分。


なぜ200年は残したいかというと、次に生まれ変わって来る時のため。50〜200年後にはまた生まれて来るから、自分の人形をどこかに残しておくでしょ、そうするとそれを見てハッとして人形制作に目覚めるじゃない、それから今の人生の続きをやるために印を残しておくのよ。今世の続きだから、ある程度のところから始めてさらにグレードアップ出来るでしょ。

まあ、霊界に帰って指導霊とご相談の上、次の、来世の生き方が決まるから、なんとも言えないけど。今から準備しておけば許可して叶えてもらえるかも。


そのためには自分の濁りを徹底的に浄めて、天界の思いや意図がその通りに自分を通して現れ出るように調整する必要がありますわ。

話題が逸れたぞ、そうそう、骨折して歩けないでいる間に足の裏の筋肉が減って、土踏まずのカーブがつぶれていて、母指が内転してきているのを矯正するために、足の型どりをして足に合わせた装具を作ってもらっています。来週には出来上がる〜そうしたら歩きやすくなるかしら?こちらも調整と進化だわ。

category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









この記事のトラックバックURL
http://blog.suzuyosuzuki.com/trackback/1019143