<< 蹌蹌踉踉 | main | 喜多方市美術館 >>
黒髪にしてみた

2017052712070001.jpg
以前の人形ですが、髪を貼り変えてみました。1996年ごろの作品です。


こんなふうに陰にこもったような、内向きの表情は今は作れないよなぁ。若かったなぁ。


なんか…ピュアだったな。

やはり私は若さゆえの痛々しさを愛してしまうなぁ。

若さゆえの根拠のない自信過剰とか、世間に背を向けて内向きにこもる姿とか、手を抜く事を知らずに人のために自己を犠牲にするまで尽くしてしまう姿とか、時々横切る得体の知れない不安感とか。


若さゆえの初々しい繊細なそれらの感情を愛してしまう。透明感に憧れる。


ジョイ・ディビィジョンのイアン・カーティスの歌声とかね。


わーん、繊細な神経をなくしたくなかった、濁りたくない、シブトク図々しいオトナにはなりたくなかったよーん。


魂は老けないよねっ。幼子の心に至れば精神はピュアだ。現在の肉体はババァでもね。


・・・・・なんて、昔の自分の作品を愛でつつ、考えるのでした。

そんな初期の初々しい作品も出品される喜多方市美術館でのすずきすずよ展は6月10日〜7月17日(水曜日休館)まで開催されます。


category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









この記事のトラックバックURL
http://blog.suzuyosuzuki.com/trackback/1019124