<< 雪の城下町 | main | 誕生日を迎える友人への手紙 >>
50数回目の誕生日

2017011517470000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝、細かい雪がパラパラ降っていたと思ったら、午後から青空になりました。

 

         


母の話だと今から50数年前「妊娠8ヶ月に入ったあたりで体を冷やしすぎて具合が悪くなり、午前3時ごろザクザクと雪を踏んで病院に向かった…」ということです。その数時間後、私が取り出されました。


今生の私の人生はこんな風に雪の寒い朝から始まりました。


生まれるべきご縁のある土地に生まれ、ご縁のある方々に囲まれて、知り合うべき人々と出会い、共に成長しながら高度経済成長期の日本を生きてきました。

これまでのすべてが私にとって必要不可欠で大切な学びの機会であり、良い事もそうでなく見える事も私のために用意されたプロセスであった事が、今、生きてきた道のりを振り返ると腑に落ち、納得されます。体験学習です。


誰の人生も、ひとりの例外もなく、導かれ、そのプロセスを通ることで学び、成長出来るように仕組まれていることを思うと、その神の御業に驚愕し、感謝の思いが溢れてきます。


みなさんもそうして愛され、守られ、導かれているのですよ。


ARI新年会で「人に尽そう」という一言メッセージの色紙をいただきました。生まれ変わりの中で、自分のための行に陥ち、自らの成長のためだけに生きてきたいくつかの過去世から、やっと人に尽すことの出来るような人間にまで成長できたという事ですね。

これからは来世のために、人に尽くし、善業を積み重ねる生き方をしていきたいと思います。


いつの日か天使か菩薩になれるのを信じて。


category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









この記事のトラックバックURL
http://blog.suzuyosuzuki.com/trackback/1019117