私の周りでは実に評判の良い「大河ドラマ 平清盛」
 私の周りでは、大河ドラマ「平清盛」を面白いと言う人が多い。

なかなかいつもはキビシイ評論の友人も「ここ10年くらいの大河ドラマの中では一番面白い」と言っている。

私も、平安末期から鎌倉時代初期にかけての、武士が台頭してくる時代の雰囲気が感じられて、好きだ。面白いと思って、毎週、楽しみに見ている。・・・・松山ケンイチ君だし!

関東の素朴で荒っぽいが生真面目な武士の雰囲気も出ておるし。

なかなか面白いんだけどな。

そうそう、法然さんや親鸞さんの時代はもう少し後ね。私は前世の一つで、北関東あたりに生きていて、鎌倉幕府が出来ると聞いて、何度か鎌倉を訪れたというから、その頃20代と考えると、1170年代ごろの生まれだったのかな。北条政子さんが呼んだ栄西の座禅の会に列なったらしいから、それが1200年ごろ。それから、親鸞さんのウワサを聞いて、関東で布教する親鸞さんのもとに学びに行っているのね。親鸞さんが「稲田の草庵」にいて「教行信証」をまとめた頃ね。でも、親鸞さんよりは少し年下だったように思えるな。例えば、今生と同じに6つくらい下とかね。だいたい計算が合うな。

私はその頃も会津若松あたりに生まれたらしい。父の実家、西会津の柳津町は親鸞さんの弟子24輩の無為信さんの出生地と言われているから、私は無為信さんのことも知っていたかなぁ。私は最初、戸籍が柳津町にあったんだよね〜。ご縁を感じるなぁ。新潟に移された無為信寺に行ってみたいな。

だからかどうか知らないけれども、「平清盛」の時代感、好きだ。前の「義経」も好きだった〜。だいたい一番好きな仏師、運慶の活動期もこの時代だもんね。運慶、ラブ。。

みんな自分が生きていた時代が好きなのかな。日本史でも世界史でも。きっと何か心惹かれるものがあるんだねぇ。

category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)
映画『KAROL』を観ました
多摩教会で『KAROL』という映画を観せていただきました。ヨハネ・パウロ2世の半生が描かれている映画です。習志野教会の方が手に入れて、分かりやすいように日本語の吹き替えを自分たちで入れて、上映してくださったのです。

映画のタイトル『KAROL』はヨハネ・パウロ2世のお名前Karol Józef Wojtyła に由来しています。第二次世界大戦勃発から終戦、そしソビエト共産主義支配のポーランドを舞台に学生時代から法皇に就任するまでを描いています。

KAROLが戦争や人種差別や支配の中で経験した様々な出来事が描かれていて、あのヨハネ・パウロ2世の穏やかな笑顔の背後にこのような人生があったのを、初めて知りました。ついに教皇に選出され、就任の挨拶のときの実際の映像が流れるのですが、思わず感涙してしまいました。

ヨハネ・パウロ2世は何となく好きで、ご本は「おとめマリアのロザリオ」を読んだだけだったのですが、映画を通して歩まれた人生を知ると、そのお言葉が以前よりも心に響くようです。

神様に選ばれて、神様のためにお働きになる方は、つらい人生の体験も何もかも受け入れて、器となって神の愛を皆に知らしめなければならないのですね。

プロの声優の方々が吹き込んだ日本語のセリフではないのですが、かえってあたたかさと、どうしてもこの映画を伝えたいという思いや信仰が感じられて、ステキな映画でした。

午前中は多摩教会の晴佐久神父様の入門講座でした。
イエス様の教えを聞いていて、親鸞とイエス様の教えは似ていると言うけれども、ほんとうだなと思いました。すべての人間が救われるということと、自分が悪人であるという自覚がある者こそ救われるということ、それから神は自力を強めてはくれなかった、自力は砕かれるということです。

神父様の「愛は神から流れてきて、満たし、溢れて、広がっていく。愛は神からのみ発するものである。自分はただそれを仲介し伝えるだけの存在である」というお話に感動しました。

キリスト教は霊性の育成に優れていると感じました。
仏教では空の思想が優れているように思います。
後は生まれ変わりの真実とそれに神様が関与して、一人ひとりを育成してくださっているという事実、
カルマを解消し、我無き神我に還る、神に還るという目的の人間の存在。

全ての宗教の優れた部分が活かされ、一つのものになっていけば、皆が満たされ平安になるのではないかな、と思ったりしました。

category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)
映画「ルルドの泉で」観て来ました。





ルルドには巡礼に行った事がないので、映像を観ているうちに、まるで自分も現地にいて、そこに集まる人々を眺めているような気分になりました。

ルルドのような聖地でも、いや聖地だからこそ神への本当の信心が試されるのだろうと思いました。



神の愛は、人間にとって都合がいいように働くものではない。ましてや神は人間の願いを叶えるために動かれるのでもない。神は人間の思う通りには働かない。人間が神に命令して、神が人間に使われているのではないのだ。

神の摂理は公平に働いている。いつでも。誰にでも。神は一人ひとりの人生に介入されて、個別に個人指導をおこなって導いていらっしゃる。すべてが神の愛から発している。

神の愛が人間の世界で働くときに、人間にとって学びになるように、それを経験し、味わう事で成長出来るように、導き働いているのだけれども、それが人間側から見てみると、都合が悪かったり、不合理に見えたり、不公平に感じたりする。それは人間の持つそれぞれのカルマで、神の純粋な愛が見えなくなっているから。

何故、神を求めるのか。自分が思うようにしてもらいたいだけなのか、絶対的な信心を持っているのかが問われる。お陰信心、現世利益を求めるのが信仰ではない。

信仰とは純粋に神との出会いを求め、絶対的な真理に到達するための学びの階悌。

神は我々の欠如した部分を補うために、今世の有り様を創られた。生まれ変わりを繰り返すうちに、前世までに作られた自分の傾向や在り方、自分が作ってきたカルマを果たし、浄化し、成就するために、今回の課題を与えてくださり、レッスンを受けさせてくださっている。

この人生は霊界で、神の元で、指導霊や守護霊たちと話しあって、練り上げてきた今回の課題だから。

そんな事を映画を観た後に考えて歩いた。

でも、自分も身近な人間に奇跡が起こり、神との神秘体験を持つ人が現れたら、きっとうらやましいと感じるだろう。彼もしくは彼女は神様に愛されている、自分より深く愛されている。うらやましいと。

でもでも、そういう自分は誰よりも神様を愛しているだろうか?神と共にいつも歩んでいるだろうか。
そうできているのだろうか。しばし、思い悩む。

ところでこのシアターイメージフォーラムの場所は、渋谷から宮益坂を登ったことろにある。行き帰りの坂で渋谷の谷を実感した。渋谷駅は谷底にある。渋谷駅ビルの3階から地下鉄が出ているのを眺めた。ブラタモリ、観ていて良かった。




 

category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(1)
ラブリー ボーンを観ましたDVDで。

ピーター・ジャクソン監督の描く霊界は実際の霊界に近いみたい。

美しく、深く、怖い。

不思議で面白い映画。やっぱり好きだな、この監督と脚本のチーム。

真実に近いところにいる。

ホビットの冒険はどうなっているんだろう〜。


category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)
梅雨時にはアソシエイツ!

ASSOCIATES の Party fears Twoが聞きたくなるのよ〜なぜか梅雨になると。
1982年の梅雨時だったのかしら〜?12インチシングルの日本の発売が。
それとも梅雨の頃聞いていたのかなぁ。

どうだったかな、ミチコさん?

ハリとツヤのある美声が梅雨の重苦しさを吹き飛ばしたのかしら?高音が美しい。
アレンジもいい出来だな。この頃エコ・バニもオーケストラやピアノとコラボしてたよね。

手元にはベスト盤のCD「The Single Collection」があるだけ。

う〜ん、Those First Impressionsもいい〜Waiting For The Love Boat もね。
Breakfast もいいよ。

若かりし頃聞いた音って、当時の感性が甦るわね〜。20代そこそこの感性よ。

Mackenzieは1997年に自殺しちゃったのね、知らなかったわ。こんなに活き活きとした声で
ステキなロックを奏でていたのにね。不思議だね、音はいつまでも若く活き活きしてる。

去年、一昨年だったかな、渋谷で見たジョイ・ディヴィジョンの映画を思い出すわ〜。


みんな生き残った我々はオヤジとオバサンになったわね〜、青春って残酷。




category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)
やっと借りてきた ゴースト天国からのささやき3
 http://www.movies.co.jp/ghostwhisperer/

やっとDVDを借りる時間が出来て借りに行ったの、でもまた1、2巻が借りられてて
くぅぅぅ〜っまた無いよ〜って思ったけど3、4巻から見始めました。
続いてたよ、話が・・・うぬぬぬ。しかも途中、画像がとんじゃってて、何度やっても
再生できないの。あううう。

http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/66

ドクターハウス3も借りてきたのよ、4本1000円だからさ。英語版で見るとハウスの
英国風発音のイングリッシュが実にイヤミっぽくて好き。



category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)
映画ラブリーボーンが楽しみだわ
今日、テレビで映画宣伝を見て、ネットで調べました。
ロード・オブ・ザ・リングのピーター・ジャクソン監督の新作、
ラブリーボーン。
14歳で殺された女の子が天国から遺された家族が崩壊していく様を見て、私にも何かできるはず・・・と奇跡を起こすという内容・・・。
同名小説の映画化なんですね、原作は知りませんでした。

映像もキレイです。一月公開。今から楽しみです。

category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)
やっと見に行けました「カムイ外伝」
白土三平の原作「カムイ伝」
物語の冒頭、非人部落の出産シーンで
非人の父親が産まれたばかりの赤子を抱き上げ
「おらたちは何のために生まれてくるだ…」と呟く

人はなんのために生まれてくるのか?その問いが物語の最後まで
貫かれています

赤子が一歳くらいになったときに
ダイダラボッチのような巨人が村に現れ
赤子を抱き上げて「カムイ!!」と叫ぶ
村人たちはカムイ?と首をかしげるばかり

物語はそのカムイを中心に
人は何のために生まれてくるのか?
そして超越した能力を持つ個人は、身分制度や
社会が押し付ける枠を越えられるのか?
が一貫したテーマとして描かれる

カムイは自由を手に入れられるのか?
百姓や武士などの各層の中でも疑問を抱き、
より高みを目指す人物が登場している
この各個人の動きが大きな一揆の波として社会を揺るがす

しかしぶ厚い身分制度の下でことごとく散っていく
正しき行いをする者は悪に勝てるのか?

描かれているのは江戸時代の身分制度であるが
現在も目にはハッキリとは見えないものの同じような
社会制度や差別が存在している

この時期にこの物語が映像化され、
表面に出てくる意味がきっとあるに違いない
社会変革は起きるのか? 起こせるのか?
底辺から起きる庶民の運動はどうなる?厚い壁を突き破れるか?

そして人々の常識といわれるものの改革は実現するのか?人間とは何か、生と死とは、魂とは何か、その既成概念は変えられるのか?
本当の魂の自由(カルマからの開放)を人は得られるのか?
なーんちゃって

映画、カムイ外伝、ついに見に行きました
「カムイ外伝」「カムイ伝」を通して表現された
白土三平が描く世界のほんの一部、触りの部分を映画化した
という感じですが、カムイの生きている時代と
抜け忍としての彼の生きざまや世界観が充分に表現されていました

しかし、松山ケンイチ君はやっぱりいい役者ですね
ひとつの仕事をすることによってまたさらに自分の可能性を広げて
新たな仕事を引き寄せることの出来る才能の持ち主ですね
引き続きカムイを演じて見せて欲しい
大河ドラマのように一年くらいかけてカムイ伝を見せて欲しいな

今、この時代にカムイ外伝及びカムイ伝が
世の中に再浮上した意味がきっとあるのでしょう

私はなんだか闘志が湧いてきましたよ。変革に対する闘志です。
自分の中にも外の世の中にも変えたいものがある。
それは常識といわれているものや既成概念といわれているものへの
チャレンジです。真実を伝えたいという意欲です。
生き抜く、やり抜く勇気をもらいました。

見に行ってよかったわ


category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)
米国TVドラマ ゴースト〜天国からのささやき2
DVDを借りてシーズン2を全巻見終わってしまいました〜ァ。
うわ〜ぁ!なところでシーズン3につながっていました。
早く続きが見たいよ〜!

深夜TVで放送してから、案外リアルな霊の彷徨い方やこの世への思いの
残しかたがホントっぽいので楽しみに見ていました。
強い執着のもとになっている思いを開放してやることで天国(霊界)へと
導くやりかたは参考になるみたい。自分たちが死ぬときの。
どのように執着をポンッと捨てていくか、が問題だから。

はっきりと来世や転生は語られないけど(キリスト教の国だからかしら)
たまにセリフの中に出てきますね。
気になってネットで調べたら、ジェームズ・ヴァン・プラグという米国の
霊能者の「天国との会話、生と死をつなぐ心の旅」が原作でした。
人間は霊的な存在である(肉体と心と霊でできている)ということを
上手く伝えていますね。

シーズン3はいつからレンタルかしら〜?????

category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)
パンク的な妄想一日

今日は古代エジプトのことを
考えながら目が覚め
しばらくギザのピラミッドの
内部空間や
ツタンカーメンの黄金のマスク
の美しさを妄想し


午後からは人形の背景に
30号サイズでキリスト様とマリア様の
模写が欲しい、と妄想しているので
HANS MEMLINGの絵の
磔刑の十字架から下ろされるイエス様と
静かに涙するマリア様を
拡大コピーしてみたりして
イメージを作っていたら

かってにCD WALKMANが
ジョイ・ディヴィジョンのベスト版を
かけているので、しばらく大音響で
聴いていて、暗〜い沈み込んでいく
気分を満喫して
イアンの声にうっとりしたあげくに、

松山ケンイチ君がLのメイクで
ディヴィジョンのコピーバンドを
もしやれば、サイコーにカッコイイな
という妄想にしばらくハマって

ついでにバウハウスまで聴き始めて
やっぱり、カッコイイとニヤニヤして
むか〜しの東京公演を思い出したりして
暗闇の世界を妄想して

やはり〆は、たましかないな〜と
たまのCDを探し出してきて
聴いて、幼児性に埋没して
クルクルはずれた異世界を
妄想して

次はエニグマあたりで妄想かな

妄想一日は夜半まで続いて行きそうです



category:"music&movie" | comments(0) | trackbacks(0)