誕生日を迎える友人への手紙

2017021117490000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私たちはこの世に生まれてくる目的や使命、果たすべき役割を持って来ています。それは華々しい大それたものというわけではなく、日常の中に起きてくる事や人との出会い、周りとの関係性に現れ出てています。
日々、どのような心を持って生きるか、何をどう感じ、どう思う自分なのかを理解し、どのように起きてくる事に対処するのか、それをひとつずつ丁寧に真心を込めて応じ、こなしていく事にこそ、人生の意味と真価があります。単純に見える日常にこそ生まれてきた目的と使命が秘められているのです。


果たすべき事をどう為すかの連続が人生です。どうせやるなら明るく楽しくこなしていきましょうね。


category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
50数回目の誕生日

2017011517470000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝、細かい雪がパラパラ降っていたと思ったら、午後から青空になりました。

 

         


母の話だと今から50数年前「妊娠8ヶ月に入ったあたりで体を冷やしすぎて具合が悪くなり、午前3時ごろザクザクと雪を踏んで病院に向かった…」ということです。その数時間後、私が取り出されました。


今生の私の人生はこんな風に雪の寒い朝から始まりました。


生まれるべきご縁のある土地に生まれ、ご縁のある方々に囲まれて、知り合うべき人々と出会い、共に成長しながら高度経済成長期の日本を生きてきました。

これまでのすべてが私にとって必要不可欠で大切な学びの機会であり、良い事もそうでなく見える事も私のために用意されたプロセスであった事が、今、生きてきた道のりを振り返ると腑に落ち、納得されます。体験学習です。


誰の人生も、ひとりの例外もなく、導かれ、そのプロセスを通ることで学び、成長出来るように仕組まれていることを思うと、その神の御業に驚愕し、感謝の思いが溢れてきます。


みなさんもそうして愛され、守られ、導かれているのですよ。


ARI新年会で「人に尽そう」という一言メッセージの色紙をいただきました。生まれ変わりの中で、自分のための行に陥ち、自らの成長のためだけに生きてきたいくつかの過去世から、やっと人に尽すことの出来るような人間にまで成長できたという事ですね。

これからは来世のために、人に尽くし、善業を積み重ねる生き方をしていきたいと思います。


いつの日か天使か菩薩になれるのを信じて。


category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
雪の城下町

2017011517440000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中、用があって鶴ヶ城の近くに出かけました。お堀に薄い氷が張って、面白い模様が生まれていました。


ここ4、5日の積雪であたり一面が雪景色に。いつも歩いている道がふと違う世界に見え、その白さにクラクラしてしまいます。


一昨日、灰色の空の下雪かたしをしていたら「くうぅ、くうぅ」と聞き慣れない鳥の声。仰ぎ見ると真っ白な十字が空を移動していくところ。「白鳥?」と思ったとたんに梨木香歩さんの小説「冬虫夏草」を思い出しました。


誉津別皇子(ホムツワケノミコ)が空を行く白い大きな鳥を見て驚いて、30年間ことばを持たなかったのだけど、「あれはなんだ」とことばを発した…という話。「冬虫夏草」の中でその話を南川が綿貫にする場面。

確かに「くうぅ」と鳴きながら一匹だけ悠々と空を行く姿は驚くかもしれないと思いました。猪苗代湖に行く途中なのかな…。

しかし江戸時代…城内に雪が積もったら、みんな総出で寄って集って雪かたししたのかなぁ〜冷たかっただろうなぁ〜なんて考えながら、お城を後にしました。


category:"-" | comments(0) | trackbacks(0)
原型づくり
2017011110210000.jpg
2017年が明けて11日が過ぎました。時折、雪がちらつくものの、ほぼ天気の良い日が続いています。

「猫の額」の個展のあと、年末年始にかけてブログも更新せずに何をしていたかというと、女の子の人形の原型づくりに熱中しておりました。

と言うのも、2017年6月10日〜7月16日喜多方市美術館での個展というありがたいお話をいただいたからです。


もうっ、がんばらネバダ。

category:"-" | comments(1) | trackbacks(0)
猫の額での個展もあと二日。

二週間経つのって早いですね・・・・。

連日は在廊することが出来なかったので、留守にしている間に訪ねてくださった皆様、

ありがとうございました。

 

 

また皆さまに人形を見ていただく機会もあると思います。

女の子の制作も始めています。

 

 

 

またね〜。

 

 

 

 


category:"-" | comments(1) | trackbacks(0)